第44回 CoderDojo 調布を開催いたしました

久しぶりの更新となりました。

 

第42回、第43回はコロナの影響で中止となり、初めてオンラインで手探りの中開催を行ってみました。

f:id:hiro03a:20200712003052p:plain

ニンジャの参加は結局のところは2名でした。(1名は音声のみ参加)

その分しっかりと発表ができたり、色々作ったプログラムを見ることもできるので、

メンターからの意見や感想、質問も色々できました。

 

f:id:hiro03a:20200712003128j:plain

今回のニンジャはドンキーコングを発表してくれました。

樽が転がってきたところを、よけて移動して最上段まで上がるゲームですが、

樽のあたり判定が苦労していたようですね。

 

スクラッチ画像を作る場合は、中心に画像が配置されるように書くことが重要です。

回転する場合や、移動なども中心座標が関係してきます。

 

また、あたり判定の場合、見えにくいピクセルが書かれているとそこもあたり判定の領域になってしまうので、あたり判定がおかしいなと思った時は、透明な画像部分を改めて消しゴムで消しみてください。

 

今回発表してくれたドンキーコングはこちら

https://scratch.mit.edu/projects/320288244/

 

また、中学メンターからは、時事的なゲームを発表してくれました。

f:id:hiro03a:20200712003117j:plain

CoderDojo 調布に参加してもらった人にはおなじみの「ネコ逃げ」の発展系といっても良いかもしれませんね。

このタイミングでしか作れない作品というのも面白いですね。

f:id:hiro03a:20200712003123j:plain

 

こちらの「ソーシャルディスタンスを保て!」は以下から遊べます

https://scratch.mit.edu/projects/399197775/

 

このほかメンターからは、以下の紹介も行いました。

▼Hack for Play

www.hackforplay.xyz

簡単にRPGを作れるようになっているプログラミングツールです。

最初はチュートリアルとして、RPGを進めながらもコードを書いて進行させていくという、一風変わったプログラミングの勉強スタイルも面白くあります。

f:id:hiro03a:20200712014414j:plain

 

自分でゲームを作るだけでなく、他の人が作ったゲームをプレイすることもできます。

YouTubeでも色々紹介している動画もありますので、まだプログラミングを初めて間もない人や、Scratchよりももっと手軽にゲームを作ってみたいという方は是非試してはいかがでしょうか。

 

初の開催と言うことも有り、参加者は少なく、色々うまくいかずドタバタしてしまいましたが、次回からはオンラインもうまく併用しつつ、開催をしていければと思います。

 

 

では、次回の開催でも皆さんの参加をお待ちしています。

 

 

Viscuit の作品の保存方法と呼び出し方法[2020/01/26版]

CoderDojo 調布の初めての参加者で8歳以上であれば Scratch をおすすめするのですが、8歳未満の場合はビスケットをすすめています。

キャラクターを描き「めがね」を駆使するだけというシンプルさながら、なかなか奥が深くて楽しいのですが、作品の保存方法と呼び出し方法がわかりにくい。

「Viscuit 保存」のキーワードで検索すると説明のページや動画がヒットするのですが、仕様が結構変わっているのか、自分がいま見ている画面と微妙に違っていたりしてどれを参考にして良いのかわかりづらい。試行錯誤してようやく方法がわかったので、この投稿を執筆している 2020/01/26 時点の方法として紹介したいと思います。文章だけで説明するのもわかりづらい部分もあるので gif アニメによる動画で、Viscuit の簡単な使い方とともに保存方法、作品の呼び出し方法を紹介します。

» Viscuit の簡単な使い方、作品の保存方法、呼び出し方法(gif アニメ)

viscuit.com ではなく www.viscuit.com でないとアクセスできないというのと、作品を呼び出すときに、サムネイルをみても自分の作った作品がないなあと思っていたら、最初に見ているのはフォルダというかグループの最初の作品のサムネイルで、実はその一段階下に作品が並んでいた、というところがつまずきポイントでした。(2点目は文章ではなかなか説明しづらい。動画をみてもらうのが一番わかりやすいでしょう)

一見しただけじゃよくわからないですが、実はかなり奥深くいろいろなことができるビスケットの醍醐味を知るには、CoderDojo 調布でも使っている以下の書籍がおすすめです。

 

ビスケットであそぼう 園児・小学生からはじめるプログラミング (ぼうけんキッズ)
合同会社デジタルポケット 原田 康徳 渡辺 勇士 井上 愉可里
翔泳社
売り上げランキング: 12,018

第40回 CoderDojo 調布を開催いたしました

2019年最後のCoderDojo 調布を開催いたしました。

f:id:hiro03a:20200101021238j:plain





当日の様子はリフレクションムービーをご覧ください。

 


第40回 CoderDojo 調布

 

少しだけワークショップで、クリスマスツリーに飾るオーナメントを作成していました。
折り紙で作った飾りの中にLEDとボタン電池を入れて光るようになっています。
なかなかこったデザインのオーナメントだったので少し作成するのに苦労していましたが、できあがったモノは非常にきれいなものでした。

f:id:hiro03a:20200101021248j:plainf:id:hiro03a:20200101021315j:plainf:id:hiro03a:20200101021256j:plainf:id:hiro03a:20200101021324j:plain

来年は、もう少し準備を早くして、いっぱい飾られるようにしたいですね。

 

発表にはメンターがLEDライトのプログラムを、衣装含めて発表!
みんなとっても可愛いです。

f:id:hiro03a:20200101021305j:plain

 

発表してくれたニンジャには、気持ちばかりですがいろいろなイベントで集めてきたグッズをプレゼントしました。

f:id:hiro03a:20200101022847j:plain

 

来年も皆様のご参加を、メンター一同お待ちしております。

第36回 CoderDojo 調布を開催いたしました

CoderDojo 調布を運営しております、森岡です。

真夏日の8月25日(日)に、第36回 CoderDojo 調布を開催いたしました。

おかげさまで3年がたちました。

今回もたくさんのご参加ありがとうございました。

 

私は、第3回に子供(今はメンター参加)が参加し、途中からメンターとしてご協力させていただいております。
これまでいろいろなニンジャを見てきておりますが、本当にニンジャたちのクリエイティブなセンスには、関心と将来の楽しみを覚えるばかりです。

 

これからもCoderDojo 調布をよろしくお願いします。

 

youtu.be今回のムービーは4分半の長編です

 

 

さて、今回はmicro:bitのミニワークショップを開催いたしました。

 

▲まずは、どういったものを作るのか説明中!

▲牛乳パックにデコレーションペーパーを貼り付けている最中。

協力しながらみんなで制作

 

▲最期に、デザインテープでさらにデコレーション

 

https://files.slack.com/files-pri/T27UF29PW-FMBC6F9DF/image_from_ios.jpg

▲完成例!

micro:bitは、中に隠されており、蓋を開けると音が鳴る仕組み。

明るさセンサーで一定の数値になると音(音楽)鳴るしくようにScratchを使ってプログラミング!

 

 

▲今回からメンター参加していただいた方が、プログラミングにてLEDをコントロール。動画では動いている様子が少し見られます。

普段PCの画面で動いているモノばかりですが、こういったライトが動くのは非常に楽しいですね。

 

次回も皆さんのご参加お待ちしています。

第35回 CoderDojo 調布を開催いたしました。

ちょっと更新が遅くなってしまいました。

CoderDojo 調布を運営しております、森岡です。

 

第35回は7月28日に開催いたし、

暑い中多くの方が参加していただきました。

 

youtu.be

今回もいろいろな発表がありました。

ニンジャのお父さんが、LEDとRaspberryPiのボードをつなげて、LEDを自由にコントロールするものを作って発表してくれていました。



いろいろな動画編集を使って、センスのあるミュージックビデオを作ってくれている中学生は、日に日にクオリティーが高くなっているのを感じます。

 

 

Scratch 3.0からはいろいろなサービスとも連携ができるようになっており、
Google翻訳とも連携ができるようになっています。

言語を選択して、日本語を入力するといろんな言語に翻訳してくれる作品を作ってくれました。

 

メンターはというと、

Micro:BitとScratchを使ってライダーベルトにする事に挑戦。

Scratchを使って、変身モーションを判別するとベルトの中心にある、Micro:bitが動くという仕組み。

果たしてうまくいったのでしょうか。

 

次回は8月開催で、3周年記念となる第36回となります。

午前中は調布あくろす協賛の初心者会がありますので、午後からの開催です。

 

 

 

 

第34回 CoderDojo 調布を開催いたしました

梅雨真っ只中の6月30日(日)に CoderDojo 調布を開催いたしました。

 

今回も多くの方に参加いただきました。

youtu.be

 

先日のブログにもアップしていますが、ソフトバンク様よりポケットWi-Fiを提供いただき、ストレスのないネット環境でプログラミングすることができました。

ソフトバンク様に感謝です。

 

また、今回はアイルランドのFerbaneでCoderDojoを行っているEganさんが緊急参加。

 

 f:id:hiro03a:20190711022301j:plain

(FerbaneのCoderDojoの様子)

 

お仕事でVRをされているそうなので、いろいろとVRのデモをしていただきました。

ニンジャも普段はなかなか触れることのないVRに興味津々で、ワイワイ騒ぎながら楽しんでいました。

youtu.be

VRって視界が塞がるので、夢中になっているときは良いのですが、

ふと我に返った瞬間に、近くに誰か居ないかとか気になって、ゴーグルをとって周りを見渡してしまいます。

これって私だけですかね?

 

次回はメンター数名でmicro:bitを使ってワークショップも企画しているようです。

興味のある方は是非参加してみてください。

 

では、次回の開催もご参加お待ちしております。

ソフトバンク様のご支援でポケットWiFiを提供していただけることになりました

CoderDojo調布では、会場としている市民活動センターのWiFiを使っていましたが、活動センターを訪れた方が短かい時間しか利用しないと想定されていることもあって、2時間超たとえばScratchを利用するという用途には不向きなものでした。(1時間ごとに接続し直さないといけない)

先日、Control(制御) x IoT縛りの勉強会! CIoTLT Vol.4 というイベントで、ScratchのことCoderDojo調布のことを紹介するLTをする機会がありました。終わった後の飲み会で主催者の一人野良ハックチームでソフトバンクのざっきー氏に、WiFi環境に困っているという話をしたところ、他にも様々なコミュニティを支援する活動をしているというざっきー氏のはからいでソフトバンク様よりポケットWiFiを提供していただけることになりました。

会場になんとみずから持ってきてくださり、さっそく昨日おこなわれた第34回CoderDojo調布より使わせていただきました。

ざっきー氏お得意の自撮り↓

f:id:jishiha:20190701190657j:plain

 

f:id:jishiha:20190701103041j:plain

今までは、途中ネットワークが切れて作品の保存に失敗したり、なかなか接続できずに手持ち無沙汰の子がでてしまうということが起こることがあったのですが、そうした問題は全く発生せず大変快適でした。

感謝いたします。今後もありがたく使わせていただきます。