「Scratch で拡張現実(AR)を体験しよう」ミニワークショップ

こんにちは、CoderDojo調布メンターの「かんざき」です。

1月26日のCoderDojo調布では、ScratchXとiPhoneやiPadのアプリ「S2AR」を使ったミニワークショップを行いました。
S2AR」は、CoderDojo調布のチャンピオン石原さんが開発されている、Scratchで拡張現実(AR)を体験できる機能です。
「ScratchX」とは、Scratchに自作のブロックを追加できる実験版のScratchです。
自作のブロックをExtensionとして読み込むことができるので、見た目はScratch2と似ていますが、見慣れないブロックがずらっと並んでいます。

f:id:osa:20190201103250j:plain

今回はこの「S2AR」用の機能を開発されている「masa」さんに教えてもらいながら、AR空間にマイクラ風のお家を建ててみました。

iPhoneやiPadのアプリを起動して、ScratchXのブロックに表示されたIDを設定すると、接続ができます。
カメラでAR平面をマッピングして、原点を設置したあとは、いつものScratchと同じようにブロックで命令を組み立てて、家をつくっていきます。
なのですが、最初は3次元の座標系になかなか慣れなくて、壁を建てるつもりが床になってしまったり、ながーい棒になってしまったりと、みんな苦戦していたようです。(メンターの私自身、最初y軸とz軸を取り違えていて、なかなか壁が立ち上げられませんでした。。。)

f:id:osa:20190201103338j:plain

しかし、最初の壁の立て方がわかれば、あとは試行錯誤しながらみんな家を建てることに成功!
実際に見えている空間にマイクラ風の家が建つ様子は、なかなか面白かったです。

家を建てた後は、煙突をつけたり、窓をつくったりと、みんな独自の工夫をしてくれました。
ブロックの組み方で、アニメ風の表現も可能です。ニンジャの作ってくれたお家の煙突から、煙がアニメで出現するようにしてみました。


S2ARミニワークショップ

参加してくれたニンジャは楽しんでくれたようでよかったです!
教えてくれたmasaさんのサイトでは、S2ARのインストールやScratchXと連携して使用する方法が詳しく紹介されていますので、ワークショップに参加されなかった方でも、試してみることができます。

CoderDojo調布ではまた他にもミニワークショップを開く機会があると思いますので、ご参加お待ちしています!

第29回 CoderDojo 調布を開催いたしました

2019年初めてのCoderDojo 調布を開催いたしました。

今回は「Scratch で拡張現実(AR)を体験しよう」というミニワークショップも実施いたしました。

 

youtu.be

iOS用のS2ARアプリを使用して、Scratchからプログラミングをして家を作ることを行ってみました。

四角いブロックをうまくプログラムで壁を作るり、屋根、煙突、煙まで作成。

それをARで表示させるというものをおよそ1時間ほどかけて3名がチャレンジ。

その他にも文字を表示する事もしたり、ゲームと連動させたりいろいろ楽しみました。

 

みんな苦労しながらも楽しくプログラミングをしていました。

iPhoneやiPadがあればできるので、もしやってみたい方はメンターに声をかけてください。

 

第28回 CoderDojo 調布を開催いたしました

CoderDojo 調布を運営しております、森岡です。

 

さて、今年のCoderDojo 調布も先日12月23日(日)の開催で2018年の締めくくりを行いました。(特に変わったことはしていないですけどね・・・)

 

 

 

 今年もたくさんのニンジャたちが参加してくれました。

そして、すごい作品、楽しい作品、面白い作品、いろいろなものを作ってくれました。

 

来年もまたいろいろな作品を期待しています。

  

 

最後に、今年一年のCoderDojo を振り返って、アルバムなどのリンクをこちらに記載します。参加した方は是非ご覧ください

 

 

みなさん、よいお年をお迎えください。

PCの寄贈と「ルビィのぼうけん インターネットたんけん隊」献本いただきました

前回のCoderDojo調布がクリスマス直前だったということで、ちょうどタイミング良く、CoderDojoの活動に賛同いただいている方々からのプレゼントが2つありました。

 

ひとつ目は、モバイラーズオアシス などのWebサービスを運営している もぎゃ 🔌(daisuke furukawa) さんよりMacBook Airを寄贈していただきました。

f:id:jishiha:20181223090400j:plain

もぎゃさんはCoderDojo調布を主宰している私(石原)がフリーランスとして活動し始めたばかりに知り合った、個人Webサービス作り仲間。電源が使えるカフェなどの場所を検索できるモバイラーズオアシスを始め、様々な個人Webサービスをつくっています。

新しく買い直し、古い方はいらなくなったので、ということですが、Scratchなどを利用するには全く問題ないくらいパワフルなので、PCを持っていない参加者への貸し出しやCoderDojo中の共用PCとして、ありがたく使わせていただきます。

さっそくセットアップして、LEGOマインドストームをScratch3.0から動かそうとしているところ↓

f:id:jishiha:20181223105254j:plain

2つ目は、翔泳社の担当編集の方から直々に、まだ出版されたばかりの新作の献本です。

ルビィのぼうけん インターネットたんけん隊

ルビィのぼうけん インターネットたんけん隊

 

 インターネットの仕組みや成り立ち、ウィルスやアタック方法といった負の側面までもわかりやすく解説した絵本です。

「ルビィのぼうけん こんにちは!プログラミング」も揃えていますので、よかったら読んで見てください。

「ルビィのぼうけん」シリーズを書かれているリンダ・リウカスさん、翻訳されている鳥井雪さんは二人とも良く知られているRubyプログラマーで、本シリーズは、男の子向けになりがちなプログラミング教育書の中では珍しく、女の子でもプログラミングを楽しめるようにと書かれています。翔泳社の編集の方ももっと女の子向けのプログラミング本を世に広めたいとおっしゃっていました。CoderDojo調布にはすでにたくさんの女の子も参加してくれていますが、比率的にはやはり男の子が多い状況なので、もっとどちらも参加しやすい雰囲気にしていきたいと思います。

以下、現在CoderDojo調布で読むことができるプログラミング関連書籍です。

f:id:jishiha:20181223090919j:plain

CoderDojoの活動に賛同いただいて、寄付やPCなどの寄贈、献本をしていただける場合は、問い合わせフォームよりご連絡ください。

第27回 CoderDojo 調布を開催いたしました。

11月だというのに、なかなか寒くならない25日に、

第27回 CoderDojo 調布を開催いたしました。

 

 リフレクションムービーを作成しました!

 

f:id:hiro03a:20181206031657j:plain

今回も多くの方に参加いただきました。
3年目を迎えたCoderDojo 調布も少しずつメンバーも入れ替わってきています。

はっ!
ま・・・、真ん中に青い髪の人が。

 

f:id:hiro03a:20181206031721j:plainf:id:hiro03a:20181206031800j:plain

Micro:Bitのプログラミングをやっているニンジャもいます。
最初は苦労していましたが、なんとかディスプレイに表示ができました。


Micro:Bitは5 x 5 dotのディスプレイですが、表示とボタンと様々なセンサーが着いているため、シンプルですがいろいろなことができます。

 

f:id:hiro03a:20181206031749j:plainf:id:hiro03a:20181206031742j:plain

初めてシューティングゲームに挑んだニンジャ

剣が「ガリガリ君」と言われましたが、

 

f:id:hiro03a:20181206031823j:plain

ロボットやLEGO MINDSTORMも大活躍。

やはりリアルに動くロボットは、プログラミングをして思った通りに動くことができたことの感動は、個人的にディスプレイ上で動かすプログラミングよりも感激度は高いと思っています。

 

次回は、クリスマス直前開催となりますが、

皆さんの参加をお待ちしております。

 

 

第26回 CoderDojo 調布を開催いたしました

第26回 CoderDojo 調布を開催いたしました。

いつも多くのご参加ありがとうございます。


最近の傾向としては、以前会場の「あくろす」と共同開催したこともあり少しいままでよりも初めての方が増えているような感じです。

それだけプログラミングに興味をもつ親が増えたと言うことなんですかね。

 

youtu.be

 

今回は10月28日に開催と言うことで、少しムービーもハロウィン仕様に。

↓うちのチャンピオンです。

f:id:hiro03a:20181105012943p:plain f:id:hiro03a:20181106015817p:plain

本当はダースベーダーを持ってきたかったそうなのですが、見つからなかったそうです。来ていたお母さん方は、ガンダムと思っていたそうですが(w

確かに、ガンダムにもこういうヘルメットをかぶっているキャラ居ますよね・・・

 

前回LEGO MINDSTORMにチャレンジしていたのですが、なかなかうまくいきませんでしたが、今回は経験豊富なメンターが久々に参加していただいた事もあり、無事動くモノができました。

 

 

初心者チームでは、「ネコ逃げ」をまずはチャレンジ。

f:id:hiro03a:20181106020050p:plain f:id:hiro03a:20181106020112p:plain

 

しかし、最終的にできあがってきたモノは、なかなかオリジナリティーあふれたものばかり。写真がなくて申し訳ありません・・・

 

f:id:hiro03a:20181106020331p:plain

 

次回は11月25日(日)の開催です!

 

 

第24回 (祝2周年‼)CoderDojo 調布を開催しました

CoderDojo 調布を運営しております、森岡です。

 

第24回 CoderDojo 調布を開催いたしました。

24回目、そうCoderDojo 調布も2年がたちました。

これといって大きなイベントではなかったですが、今回はいつもと違っていつも会場として利用している「あくろす」との共同開催で実施しました。

 

「あくろす」の募集枠15名と、いつもの「CoderDojo 調布」の募集枠15組の約30名での開催となりました。

 

まずはいつものようにリフレクションムービーです。

youtu.be

 

「あくろす」募集枠は基本みなさん初心者。

まずはいつものとおり「ネコ逃げ」をプログラミング。

 

 

「ネコ逃げ」はScratchの基本的な要素が含まれているので、これを学べば基本的なことが覚えられます。

みんな真剣かつ楽しくプログラミングをしています。

 

もちろん、いつものCoderDojoに参加してくれているニンジャも

楽しくプログラミング中!

 

発表では、初めて参加の人もほとんどの人が行っていました。

 

CoderDojo では単にプログラミングを学ぶだけでなく、発表することで人の前で話す力や、他の人の作品を見ることによる学習など、様々な力になることも期待しています。

 

今回「あくろす」枠で参加してくださったみなさんが、次にCoderDojo に参加してくれることを期待しています。

 

今後もこういった形式を検討しています。

同時に行うとメンターが多く居ないと対応できないので、午前・午後で分けての開催で考えています。